東京で電力会社を見直そう!おすすめ比較サイト

TOP > 電力自由化の豆知識 > これから電気がもっと身近になってくる

これから電気がもっと身近になってくる

 電力自由化に伴い一般家庭にとっても、電気が身近な存在になりました。それは、電力提供会社が新たに参入したことで様々なサービスが展開されたことにあります。
 電気は、現代人にとって無くてはならないものでしょう。それだけに、電気とどのように付き合っていくのかもまた電気自由化が始まったことで問われるようになりました。


 東京には、数多くの人が暮らしています。一人暮らしもいれば、カップルやファミリーなど、その暮らしぶりもまた多様なことが考えられます。
 電気使用量、時間帯など、当然に同じではありません。電気自由化による問題点は、かつてなら基本使用料に追加される形で電気料金が発生していました。
 例えば一人暮らしであれば、基本使用料も少量を契約することを選べば良かったのですが、複数の供給会社が出来たことで個人のライフスタイルに合わせて契約内容を見直さなければいけなくなったとも言えます。
 電気自由化によって選択肢は増えたことになるのですが、一方では電気の使い方を自分で見直すなど手間がかかるデメリットも否定出来なくはありません。
 ただしデメリットとなるのは最初の手間が掛かる一点だけなので、自由化による供給会社のサービスに個性が現れてくればもっとスムーズに電気がもっと身近な存在になるはずです。


 これまでの流れを考えれば、電気の自由化は始まったばかりで、東京のように様々な人が暮らす地域でこそ身近な存在に変えていくことが期待されています。
 例えば比較的使用量が少ない深夜の料金を値下げするなど、ライフスタイルの多様性に沿ったサービス展開を各社が知恵を縛って提案することも重要です。
 なぜなら、既存のスタイルから自由化へと舵を切ったのですから、提供会社が以前と同じようなサービス展開では利用者にとっても目新しさを訴えることは難しくなるからです。
 場合によっては、電気と関連の高い付加価値サービスを提供するなど、これまでにないビジネスモデルが期待されているはずです。
 また利用者の立場になると、電気が生活に密着しているからこそ、送電の安定性も気になるところです。
 停電時の対応を考えた時に、数ある小規模な供給会社がどのような対策を立てているのか、平常時のサービス展開だけでは乗り換えられない不安が見え隠れしています。
 生活に近い電気だからこそ、自由化に期待もしているし、一方では安定的なサービスもまた抜きには利用出来ない事情もあります。
 だからこそ、東京という地域での電力自由化が常識になれば、日本各地でもまたメリットを共有することが出来るようになるのでしょう。